前へ
次へ

転職の際に営業求人を見て交渉をする

男性でも女性でも営業の仕事をしたいと考えて転職を希望する人もたくさんいるでしょう。
その場合は営業求人を確認しますが、男性の場合は正社員で希望するケースがほとんどです。
しかし女性の場合は家庭等があり正社員ではなくパートなどで採用してもらいたいと考えるケースが多くあります。
1日8時間程度働くことが難しい人の場合は、正社員ではなくパートで採用をしてもらうことができないのか確認をしてみると良いかもしれません。
営業求人を確認してみるとほとんどの場所で正社員での雇用と書かれている場合がありますが、自分が営業の仕事をしてみたいと伝えることによって、パートで採用してもらえる可能性もあります。
また実際に女性の方でパート採用をされて営業で活躍をしている人もいます。
正社員よりも多少働く条件は悪くなってしまいますが、自分が働きたいと考えていた場所また自分が働きたいと考えていた業種で働くことができるので、転職の際は交渉をすることを忘れないようにしましょう。

Page Top